未来に残したい美しき平塚海岸
平塚海岸に横たわる樹林地は湘南エリアにおいてもとても貴重な緑です。約100年近く前に人の手により植えられたものであり、浜と林にはハマヒルガオなどの貴重な植生と生態系もあります。以来、我々の生活を風や砂から守りながら自然のバランスを保ち働いてくれています。
浜や海からのぞむ景色には人工物がなく神奈川百景と選定された景勝地もあり、国道側からではなかなか想像できないのどかな自然がそこにはあります。湘南のものとは想像しがたいほど雄大で美しいものです。
kaihatsuhani
そんな自然がある平塚市は海岸エリアの魅力アップに力を入れることを決めました。選定されたエリアのひとつの「龍城ヶ丘エリア」には廃止されたプール(7000平方メートル、平成26年3月廃止)があります。
市は今回公園整備と商業施設をこのエリアに建設する計画を発表しました。計画範囲内には防砂林を含めた林があります。もともとは県のものである林も事業開発のために切ることが可能となりました。
平成29年6月より新設されたparkpfi法を用いて平塚行政は、選定までは携わるものの、選定後は民間主導でこの計画を進めれらるように動いてます。(※parkpfi参照)
計画概要は、公園施設の建設、維持運営費の一部(どの程度かは不開示)を民間が負担する代わりに、公有地に商業施設建設の許可並びに事業許可するというものです。新設される施設にこの法案が使われるのは日本初ということです。事業規模は最大30,000平方メートル、袖が浜扇の松交差点からから虹ヶ浜にある林と砂浜が工事予定地に含まれています。規模によっては樹林地は切られ、浜辺は埋めたてられ、大規模な商業施設が建設されてしまいます。詳細は未確定な部分が多く、行政の今後の動きに心配と関心の目が集まってます。
このままでは、平塚の財産とも言えるのどかな雰囲気と豊かな自然が今後失われてしまうかもしれない状況です。
市は当初、2020年の完成を目標にしていました。
現在も計画は進行しているようですが、2018年5月の住民説明会を最後に行政からの進行状況はなにも公開されず、詳細は不明となっておりました。
その1年後、平塚市は2019年5月、平塚市ホームページにて龍城ヶ丘ゾーン公募案を発表し、来たる2019年6月29日に説明会、及び意見交換会をするとホームページで発表しています。

6月29日 平塚市教育会館3F 13:30〜
花水公民館 18:00〜
- 2019/6/27 更新 -
kaihatsu
我々「平塚の海を考える会」が考える龍城ヶ丘ゾーン
コンセプトとしては 134号線を通過する方の立ち寄り所ではなく、地域住民にも愛される憩いの場として整備する。
今後、国が考える砂浜保全にもいち早く取り掛かり、龍城ヶ丘ゾーンを自然保全エリアのようにすることで、市民が誇りを持って未来へ残したいと思う海に育てていく。
産業としては平塚駅からも真っ直ぐな、既存の施設 "湘南ベルマーレひらつかビーチパーク” を海岸エリアの中心としてより発展させる。
そのためにソフトの充実や地域の利便性を高めるインフラ整備は必要とも考えます

____海と緑、自然に触れ合える街へ____
*今ある魅力を活かした海と緑の公園
*市内東西をつなぐサイクリングロード(海と森の散歩道)
*広場(ピクニックやマルシェなどが出来る)
*障がい者や年配の方用の駐車場
*平塚八景 : 平塚砂丘を活かすためにも砂浜保全、自然を大切にするエリア
________________________________

平塚海岸エリアを 平塚新港-湘南ベルマーレひらつかビーチパーク-龍城ヶ丘自然保全公園-
とし、サイクリングロードのつながりを利用して市内東西の移動の利便を高める。
遠方からも既存の平塚新港の大きな駐車場などを使い、そこからシェアサイクルなど自転車で海や市内を回遊することもできる。
(平塚市海岸エリアは地形的にも平らで自転車にも適しています)
海のある街平塚の活性化へ...
INFORMATION
会からのお知らせや、開発に関する情報
about
ひらつかの海を考える会とは
2017年11月に行政主体で開催された住民説明会に参加し、その内容に関して心配、疑問、危機感を感じた者を中心に発起しました。愛する海と浜辺を守りたいという声をあげ有志を募り、現在では30人近くのメンバーを有しています。
今回の整備計画に対して当会は「反対ではなく平塚市と共に」という姿勢で、これまで数回の対話を継続しています。

また、平塚市長、平塚市議会に①サイクルロードの整備 ②砂浜維持のための養浜の継続 ③整備面積はプールの跡地以内 ④建物の高さは近隣の植栽以下、という内容で要望をだしていますが、巨大な施設ができる可能性があります。